Test Solutions for
the World's Networks

Experts in Synchronization and Emulation

時刻同期

ネットワークエミュレーション

ニュース関連

~5G寸前~

5Gチュートリアル

現在、3G、3.5Gの時代を経て、4G、4G advancedの進歩を遂げています。 5Gはすぐそこまで来ています。初めてiPhoneとそれに相当するデバイスが登場して以来、モバイルデータへの欲求は飽くなきものでした。では、5Gはどうでしょうか? ITUによると5G(または「IMT2020」)は、ハンドセットに100Mbpsから1Gbpsのデータレートと提供します。さらに重要なのは、接続密度を高くし、1平方キロメートルあたり最大100万の接続をサポートする必要があることです。これが多いと思う場合は、東京の大きな地下鉄の駅を訪れ、昼夜を問わず駅に出入りする膨大な人の流れを観察することをお勧めします。5Gを実現するには、従来の導入より基地局の密度をはるかに高くする必要があり、これはスモールセル「フロントホール」のアーキテクチャを多く適用することを意味します。

同期の観点から見ると、フロントホールアーキテクチャには課題があります。 まずスモールセルまたはRUの多くは屋内にあり、GNSSから同期信号を得ることが出来ません。次にフロントホールネットワークでタイミングの要求精度は、バックホールよりもはるかに高くなります。これは、ネットワーク配信における同期機能のアップグレードを意味し、ITUは5Gネットワークの要件を満たすために新しいクロックセットのパフォーマンス定義を着手しました。G.8272.1は今年後半に合意される可能性が高く、他のものは2017年に追随する予定です。時刻同期技術は、すぐに時代遅れになることはないと考えられます。