Test Solutions for
the World's Networks

Experts in Synchronization and Emulation

時刻同期

ネットワークエミュレーション

ニュース関連

フィールド同期テスター

モバイルネットワーク:概要

モバイルバックホールは本質的に複雑です。2G / 3G音声を伝送するには、サーキットスイッチなどレガシーテクノロジーをサポートする必要があります、同様にデータを伝送するにはパケットベーステクノロジーとトポロジーが必要です。今日のモバイルネットワークはデータ中心であり、リアルタイムサービスとビデオのストリーミングとダウンロードの需要が高まるにつれ、世界中のネットワーク事業者はイーサネットベースのIPバックホールへの移行をますます進めています。イーサネットは、経済的でネットワークのスケーラビリティがあるだけでなく、周波数と時間同期を伝送できます。多様なトラフィックミックスの伝送には不可欠です。

ブロードバンドデータサービスに対する急増する需要に対応するため、4G / LTE-Aが展開され、限られた周波数スペクトル内でより多くの帯域幅を提供し、遅延を減らし、シームレスなローミングに改善しています。しかし4G / LTE-A基地局は、隣接セル間のスムーズなハンドオーバーを保証するために、非常に正確な時間と位相の同期を必要とします。

実現できるテクノロジーが存在します:物理層による周波数同期としてはSynchronous Ethernet (SyncE)、 パケット層における時刻周波数同期としては1588 Precision Time Protocol(PTP)およびNetwork Time Protocol(NTP)。時間と位相の同期精度に対する要件は非常に厳しく、基地局において周波数同期+/- 50ppb、隣接する基地局間の位相同期は+/- 3u秒となります。GPSを同期に使用することもできますが、GPSアンテナの設置には障害物が無く見通の良い場所が必要(都市環境では達成が難しい場合が多い)であり、固有のセキュリティ問題(干渉波、妨害波、やなりすましの影響を受けやすい)があります。

トラフィックの負荷が大きい場合、クロック同期を維持できないと、コールセットアップの失敗、ハンドオーバーの失敗、データの再送信(ダウンロードとアップロードの遅延)の可能性が高くなります。つまり、ネットワークサービスのユーザーエクスペリエンスが低下します。

Calnex社はどのように役立ちますか? Calnex社はSyncEおよびPTPテストの業界リーダーであり、イーサネット同期技術の開発、導入、監視をサポートするための幅広いテストソリューションを提供しています。Paragon-X、Atero-X、Sentinelは、タイムエラー、標準化適合性テスト(ITU、IEEE)、実環境での評価、トラブルシューティングと広範囲の測定と試験を提供します。

Calnex Field Sync Testers