Test Solutions for
the World's Networks

Experts in Synchronization and Emulation

時刻同期

ネットワークエミュレーション

ニュース関連

変化の到来

モバイルネットワーク:チュートリアル

同期テストは常に物理的に行われていました。 インターフェイス、ラインレート、ケーブル配線、機器。オンサイトでもリモートでも、ネットワークをテストするために物理的な接続が必要です。ITU-T標準化規格G.8271.1/G.8271.2に沿ってネットワークをテスト及び維持することでバックホールを通じて正確な同期が実現できます。

これらの標準化規格はPRTCから無線インターフェースの出力までエンドツーエンドで1.5µ秒の要件を規定しています。ただし、トランスポート担当者にとってはバックホールがドメインです、無線インタフェールの手前であるネットワークのエンドポイントまでとなり、1.1µ秒または1.35µ秒が要件となります。

サイトアクセスの場合もあります。たとえば、スモールセルは1PPS出力を持たない傾向があります、無線インターフェースで同期の測定ができない限り、スモールセルの同期パフォーマンスを測定することはできません。。。あるいは、単純に対象の基地局にアクセスできない場合もあります、無線により1PPSの測定を行うことが出来れば時間と手間を大幅に節約できます。

同期は通常トランスポートの責任範囲です。RANのドメインである無線側にて、ITU-Tの要件である1.5µ秒またはスモールセルの同期は最終的にテストされていません。

RANチームにとって、無線インターフェースは重要ですが、同期はそう認識されてない場合があります。 同期はRANチームの責任範囲ではありません、もし同期がRANチームの責任となる場合は、トランポートチームとのコミュニケーションが適切ではない可能性があります。これはITU-T標準化の1.5μ秒の要件を証明しようとした際に、通信事業者にとってジレンマを招きます。カスタマーインターフェースでパフォーマンスが満たされていることをどのようにして確認できますか? テストするのは誰の責任ですか?

Sentinelを使用して無線インターフェースで1.5µ秒の同期要件をテストする場合、トランスポート担当者が基地局まで行く必要があります。無線インターフェイスでの同期テストに関して質問があります;ITU-T G.8271.1に従ってネットワークが同期されていることを確認するのはあなたの責任ですか?この質問に対する回答が「はい」の場合、次の2つのいずれかを意味する可能性があります。

1.責任は、同期とは関係なく、毎日/毎週のルーチンワークの一部として無線インターフェイスをテストしているRANチームに移ります。この場合、Syncの経験がないエンジニアはトランスポートチームと連携し同期のテストする必要があり、責任が追加されます。

2.トランスポートチームは、バックホールをリモートでテストできた可能性がありましたが、新たに無線インターフェイスを使用し、ネットワークにおける同期の問題についてテストおよびトラブルシューティングする方法を変更する必要があります。ここでの責任範囲は変更されず、方法のみを変更されます。注意すべき点はトランスポートチームがRANチームのテリトリに入るため協議する必要があります。

Calnex社Sentinelを使用したover the air(OTA)による同期テストの登場により、無線インターフェイスでITU-Tの要件である1.5µ秒のテストが可能となり、同期のトラブルシューティングを再定義できるようになりました。考慮すべき質問は次のとおりです:物理ネットワークを超えてテストできるようになったが、無線インターフェイスで同期のテストと維持を担当するのはだれですか?どのように機能しますか?トランスポートチームのプロセスを変更しますか?それともチームを変えますか?