Test Solutions for
the World's Networks

Experts in Synchronization and Emulation

時刻同期

ネットワークエミュレーション

ニュース関連

3GPPリミットを満たしてない

モバイルネットワーク:チュートリアル

3GPP標準化では2つの無線インターフェイス間で3μ秒の位相差を規定し、ネットワークの同期を維持することで、すべてのサービスは期待通りに機能します。

今日、我々はスマートフォンを利用しています。スマートフォンはショッピングやネットバンキングなど、コミュニケーションの主な情報源です。情報の共有やエンターテイメントのソース、そして私たちが当たり前と思っている他のサービスにも使用しています。これらのサービスを利用するためには、どこにいても接続と機能を維持するために通信ネットワークに依存しています。ワイヤレス通信は私たちの生活の中で必要不可欠なものとなっており、突然規制された場合には生活に影響を与えます。

ネットワークにおいて同期精度の低下が発生した場合、それはどうなるでしょうか。ー 3GPPリミットを満たしていない場合には、3µ秒を超えたことになります。 これはITU-T標準化(特にG.8271.1 / 2)によると、一つの基地局に対してネットワーク出力では1.5µ秒と規定されています。また不十分な同期の影響を考慮するとテストの必要性を謳っています。ただし、このパフォーマンスをテストする唯一の方法は無線インターフェース、つまりカスタマーインターフェースとなります。

より接続された世界では、5Gネットワークの必要性が高まり、同期要件がさらに厳しくなり、増え続ける人口にさらに高度な接続サービスを提供することになります。正確な同期の重要性はさらに高まり、それに伴い、無線インターフェイス(カスタマーインターフェイス)でテストする必要性も高まっています。