Test Solutions for
the World's Networks

Experts in Synchronization and Emulation

時刻同期

ネットワークエミュレーション

ニュース関連

高精度について

5Gケーススタディ

Paragon-neoを使用した高精度同期試験により、5Gトランスポートネットワークの機器ベンダーのパフォーマンス検証が可能になります。

グローバルでの5G商用サービスの中で、加入者に通信品質を提供すべき通信事業者と機器ベンダーは、同期精度とデータ転送速度レベルに関して、難解な課題に直面しています。

ITU-Tは、次世代同期精度要求を満たすためにG.827xシリーズを拡張することで、タイミングの正確な伝送を大幅に妨害する可能性があるさまざまな伝送遅延やその他の影響に対して、イーサネットシステムの堅牢性を確かなものとしています。

特に通信事業者の場合、5Gトランスポートの課題に対処し、標準化規格を満たせるか検証するステップとして、導入前にPoCでネットワーク機器の性能検証することが、導入後の性能リスク低減につながります。

Tier-1通信事業者は、PTPとSyncEを使用してネットワーク機器間の同期性能を調査して、意図したネットワーク導入に向けた非常に厳しいタイミング要件を確実に満たすための検証を実施しています。非常に正確な時間と位相の耐性ある設備を提供することは、加入者への5G伝送技術拡張を可能とすることを意味します。

試験信号を必要な精度に完全に調整すること、負荷試験条件を適用すること、リアルタイムでパフォーマンスデータを収集することは主要な技術的ハードルであり、Calnex Paragon-neoを用いることにより解決することが可能です。完全に統合されたテストシステムとしてサブナノ秒測定精度のParagon-neoは、ベンダー機器性能の独立したサードパーティによる検証と、通信事業者の実用的な考察を可能にします。

導入前の高精度同期テストにより、通信事業者は、統合的なトランスポートネットワークが、必要となるべき最終性能を全ポイントで提供可能か検証できます。 5Gの課題で競合他社を上回るようなポジションを得ることが可能となります。