Test Solutions for
the World's Networks

Experts in Synchronization and Emulation

時刻同期

ネットワークエミュレーション

ニュース関連

5Gレース

5Gサービス提供競争において、通信事業者とネットワーク機器ベンダー(NEMs)は、加入者にベストなQoSを提供するため、伝送用デバイス、ネットワーク、システム全てを開発するという課題に直面しております。

5G開発推進をリードする人がいる一方、その開発状況、新規市場やビジネス機会、新技術の創出を見守る人もいます。

技術的なレベルによると、今後の市場には新たな5Gトランスポートレイヤーソリューションが必要となり、そのトランスポートレイヤーはカスタマーエクスペリエンスを加速し、新しい機会を切り開く鍵となるでしょう。現在提案されている5Gトランスポートレイヤーへの不可欠な要素は:

  • 大容量

  • 超低遅延

  • サービス品質(QoS)

  • ダイナミックな相互接続

  • セキュリティ

  • オートメーション

しかしながら、パフォーマンスに関しては、5Gロールアウトの成功を決定する重要な要素は同期です。 必要な同期精度とデータ転送速度のレベルは指数関数的に増加しており、ITU-Tはそれに応じて標準化を策定しております。 ITU-Tは、次世代同期精度要求を満たすためにG.827xシリーズを拡張することで、タイミングの正確な伝送を大幅に妨害する可能性があるさまざまな伝送遅延やその他の影響に対して、イーサネットシステムの堅牢性を確かなものとしています。

しかしながら、R&D及び導入過程の段階で、通信事業者/NEMsが開発中のデバイス、ネットワーク、システムで、ITU-T標準化仕様を満足するトランスポートレイヤーを構築できることをどのように保証可能でしょうか。

Paragon-neoを使用したラボテストでは、通信事業者/NEMsの双方が、最新ITU-T標準化仕様に対するPTP/SyncE試験を実施可能です。さらに異なるベンダー間でのネットワーク機器の相互運用性は、将来の5Gエコシステムにおいて不可欠です。Paragon-neoに搭載されるPTP Field Verifierツールを活用することで、デバイスおよびネットワークへのタイミングプロトコル実装のための情報をリアルタイムに収集し、トラブルシューティングの日数をわずか数分に減らせる可能性があります。

高レベルの同期テストは、通信事業者とNEMsによるネットワークシステムとデバイスの標準化仕様を満たすかどうかの検証を支援し、商用展開される前に、5Gネットワークのロールアウトに関わる不確実性とリスクを取り除きます。