Test Solutions for
the World's Networks

Experts in Synchronization and Emulation

時刻同期

ネットワークエミュレーション

ニュース関連

ビッグデータ

5G チュートリアル

ビジネス記録とトランザクションのデジタル化と保存により、また写真・画像・ビデオの保存と共有、そして最近では、インテリジェントな計装と計測の拡張により、データ作成は途方もない速度で成長し続けています。同様に、スマートフォン、一元化されたエンタープライズサービス、クラウドコンピューティングにより、データ消費量も増え続けています。常に移動するデータのレート、タイプ、ボリュームは、IPネットワークを圧迫する恐れがあり、その結果、さらに帯域幅の必要性が高まっています。そのため、10GbEから40GbE、さらに100GbEへのシステム移行は必要不可欠であり、将来的には400GbEおよび1TbEに移行するでしょう。

ビッグデータを、1つの倉庫から別の倉庫に、または1つのサーバーから別のサーバーに転送する場合も、超長距離光ファイバーを介してデータを送信する場合も、40/100Gbpsでデータパケットを転送するには、技術的な課題が伴います。 (ベンチマークとして、100Gbpsで動作する単一のファイバーケーブル通信は、1,500,000の同時通話に相当します。)アプリケーションとサービスには、高速接続、正確なタイミング、低遅延が必要です。ネットワークデバイスは安定かつ信頼できるものでなければなりません。また、データ転送の整合性を評価し、同期やマッピング/デマッピングなどのパフォーマンスを検証し、標準に準拠していることを確認するには、かなりの精度のテスト機器が必要です。

Calnex社はどのように役立ちますか? Calnex社は、最新の通信ネットワークのコアを構成する40/100Gbpsイーサネットデバイスのパフォーマンスを検証することを目的とした、Paragon-100G SyncEテスターとSpirent社Attero-100Gインペアメントテスターの2つの40/100GbEソリューションを提供しています。

Paragon-100Gは、周波数と位相の同期を正確に測定し、パケットトランスポートデバイスがITU-TおよびIEEE標準化に適合していることを証明します。 Attero-100Gは、ナノ秒の精度で実環境のインペアメントを提供し、データセンターのパフォーマンス、サービス品質メカニズム、遅延に敏感なアプリケーションを検証及び証明します。